相談員職

様々な視点が重要な施設相談員

緑陽会では、介護職から相談員職になった方、新卒で相談員として入職した方それぞれいます。それは、相談員が利用者様・ご家族様・施設・地域・医療など間を取り持つ役割として、多角的な視点が必要だからです。様々な人の想いや考え、現状を知り、課題に対しよりベストな解はどこにあるのか?常に考え、模索していくことがとても重要です。課題解決にやりがいを感じる方はぜひチャレンジしてください。

生活相談員

仕事内容

相談業務

利用者様が施設に来所された際の相談窓口、利用者宅へ訪問してのアセスメント等を行います。

利用手続き・施設利用状況管理

利用者様の入所退所に際して、施設利用時の準備、契約書作成や担当者会議の出席などを通して、ご家族様や関係機関との連携調整を行います。また、利用状況を把握し、適宜ケアマネージャーさんに働きかけをするなどして、施設やサービスの利用状況を管理します。

各種連携・病院への付き添い

スタッフ、関係機関との連絡・調整だけではなく、実習、ボランティア等の受け入れ、ケアマネージャー地域活動との連携を行います。また病院への付き添いなどを通して医療機関との連携もはかります

その他

・通所の送迎や受診送迎
・様々な方への施設案内
・地域に介護・福祉の理解を深めてもらう活動
・利用者様の生きがい支援

相談員の一日

相談員の一日
相談員写真01

インタビュー

養護老人ホーム苫小牧静和荘 主任生活相談員
青森大学社会福祉学科卒

―何故、福祉の仕事をしようと思ったのですか?

子どものころから祖母が曾祖母の介護をしている姿を見ていたこと、そして高校生の時にその祖母が要介護となり色々な福祉関係の方が連携を取りながら、施設入所へ結び付けてくれた様子を見ていたこと、そういった経験から福祉の仕事に興味を持ちました。

―現在の仕事内容について教えてください

相談員写真02

入職当時は、養護老人ホームで支援員をしていました、その後ショートステイの介護職員となり、現在、養護老人ホームの生活相談員として仕事をしています。現在の仕事は、日々の入居者様とのコミュニケーションや、入退所時のご家族様や関係v機関との連携・調整です。

―現在の仕事でやりがいを感じることはなんですか?

直面した責任重大な問題やトラブルを解決に導けて、みんなで良かったという気持ちを分かち合えたときにやりがいを感じます。

―現在の仕事で難しい・大変と感じることはなんですか?

相談員写真01

経済的なことや、自立した人が入所している養護老人ホームならではの難しい問題に直面することがあります。その際、利用者様、ご家族様、関係機関を含めての話し合いの場を設けたり、環境を整えたりして、すべての入居者様がより良い生活環境となるよう取り組んでいますが、解決までの時間がかかることも多く、そういったときに大変さを感じます。

―今後の目標を教えてください。

入居されている方々に、今まで以上にいいサービスや環境を提供していきたいと思います。

―これからこの仕事を目指すひとへ一言お願いします。

相談員写真01

この仕事はコミュニケーション能力があり、悩みをため込まないようにできる方が向いていると思います。様々な問題に直面することはあると思いますが、ぜひそれを解決できた時の喜びを味わってほしいと思います。