リハビリ職

維持期のリハビリの醍醐味

緑陽会で行う維持期リハビリテーションは、ICF の考えに基づき利用者の全体像を把握したうえでリハビリテーションを行います。医療だけではなく、その人の生きざま、性格、家族関係や趣味などを踏まえ、リハビリテーションへの動機づけを行い、社会参加を促していきます。リハビリテーションの場でもあり、生活の場でもある施設だからこそ、介入や動機づけをじっくり行い、本人の気持ちや行動の変化を確認できるのです。

リハビリ職

仕事内容

摂食嚥下へのアプローチ

協力歯科医療機関の歯科医師・歯科衛生士を含めた多職種チームにて、嚥下困難な方への安全な食事摂取に向けて活動します。PTは食事姿勢や筋機能の評価、OTは認知機能の評価やアプローチ法等専門分野を活かします

個別・集団リハビリ

入所者・通所者に対し、能?に合わせた個別リハを行っています。機器を使ったものから、日常生活に沿ったものまで内容は多種多様。棒体操等体を動かすレクの他、農作業や貼り絵の作成等精神や脳機能への効果も考えて行います

地域への発信や介護予防

施設を飛び出し、地域の方に対して介護予防教室などでの筋機能評価測定等、要介護にならないための取り組みを、地域の中で行っています。

その他

・専門職として各会議への参加
・ご自宅への訪問及び環境評価
・他職種へのアドバイス
・利用者様の生きがい支援

リハビリ職の一日

リハの一日
リハビリ職員01

インタビュー

老人保健施設みどりの苑 作業療法士 リハビリリーダー
日本福祉リハビリテーション学院卒

―何故、福祉の仕事をしようと思ったのですか?

リハビリ職員02

作業療法士の仕事を選んだ理由は、中学生のときの職業体験で素敵な仕事だと感じたことがきっかけです。福祉施設を職場に選んだ理由は、自分自身が特定の誰かを想定して学んだり、仕事をしていく方がより深く学べ、モチベーションも維持できるタイプだと感じたからです。

―現在の仕事内容について教えてください

入苑者様のリハビリを主に担当しています。立つ練習や車いすの乗り降りの練習などのリハビリだけではなく、物づくりやパズルなどの作業をしながら、毎日が楽しくゆったりと過ごせるように関わっています。

―リハビリマネジメントにも取り組んでいると聞きましたが

はい。当苑の通所リハビリでは、利用者様のご自宅に私たち専門職が訪問し、ご本人や家族の希望や課題と合わせて実際の生活環境を把握し、その課題とリハビリの目標を設定するリハビリマネジメントを行っています。

―現在の仕事でやりがいを感じることはなんですか?

名前を覚えるのも難しいような入苑者様が、一生懸命愛称や顔を覚えてくれ、あなたがいてくれてうれしい、あなたがいないと寂しいと話してくれたとき、その人の人生の一部に自分自身が参加できたとやりがいを感じました。

―現在の仕事で難しい・大変と感じることはなんですか?

リハビリ職員03

利用者様は、本が好きな人、集団になじめない人、逆にみんながいると集まってくれる人、病気で怒りっぽくなっている人など、一人ひとり症状も性格も異なります。リハビリを行う上では、それぞれの人に合わせて環境を整えていく必要がありますが、都度学ぶべきことがたくさん出てきて、やりがいと共に大変さも感じています。

―今後の目標を教えてください。

声のかけ方や行動、日々のかかわりの中で、利用者様みんなに笑顔を引き出せるような人でありたいと思います。

―これからこの仕事を目指すひとへ一言お願いします。

リハビリ職員04

ここでの仕事は、この人の為に何かをしたい、この人の為にできることはなんだろう、毎日そう考えさせられることで、入苑者様が私たちを成長させてくれます。誰かの為になら頑張れる、人との係わりから学びたい、そう考えている人にはぜひ来てもらいたい環境だと思います。