MENU
教育・サポート体制

教育制度

研修について OJT・チューター制度 休暇制度等 キャリアステップ




研修について




新任研修



毎年4月に新卒採用者・中途採用者を含めた新任職員研修を実施しています。
聞いて終わる座学だけではなく、グループワークや現場担当者による実務指導などにも力を入れてるため、未経験の方でも安心して介護の基礎を学ぶことができます。

< 研修内容例 >
・マナー研修 ・レクリエーションの実際
・体位交換 ・リスクマネジメントについて
・コミュニケーション技術 ・職員倫理規定について
・移乗介助 ・職務規定について
・介護保険制度について etc...




内部・外部研修



年間研修計画に基づき、職種ごとの内部研修会を定期的に開催しています。
また、外部研修への参加も新人・中堅職員等に関わらず積極的に行い、参加者からの報告会を通して、スキルアップを図っています。
その他にも苫小牧市内の福祉施設職員を対象にした研修会を開催しており、他法人との交流を兼ね、外部講師による様々な内容の研修を行っています。

< 内部研修例 >
・救命講習会 ・リスクマネジメント研修
・認知症ケアに関する研修 ・危険予測トレーニング
・接遇、マナー研修 ・認知症サポーター養成研修
・アセスメント研修 ・誤薬防止に関する研修
・疥癬、褥瘡予防研修 etc...

< 2017年度市内福祉施設合同研修会内容>
1回目:「高齢者施設のための接遇・マナースキルアップ研修会」
2回目:「認知症による行動・心理状態(BPSD)を理解したケアの工夫と指導方法」
3回目:「災害時のBPSDの変化と支援方法」
4回目:「介護職員のストレスマネジメント」











OJT・チューター制度




着任から数か月間教育担当職員によるサポートがあります。
新任職員は担当職員とともに早出・日勤を中心にご利用者様のお顔や名前、施設での仕事内容などを学び、覚えていきます。
緑陽会の介護技術の指導は、介護技術インストラクター養成研修を受講し、介護技術インストラクターとして認定された職員が担当します。
胸元にマークのある特製のポロシャツが目印です。
介護技術インストラクター養成研修では介護技術の根拠を学び、自信をもって部下の指導ができるリーダーの養成を通して、職場全体のケアの質の向上につなげることを目指しています。
これにより、介護現場でよく聞かれる「教えてくれる人によってやり方が異なる」「介護方法がバラバラ」といった状況を解消し、介護者も介護される方も安心な介護を提供できるようにしています。









休暇制度等




緑陽会では職員の資格取得を支援しており、資格試験当日は特別休暇を利用することが可能です。
また、専門職等が学会等へ参加する場合出勤扱いとなり、参加費や交通費、日当の支給もあります。









キャリアステップ




緑陽会では、経験年数や資格によって習得すべき知識や技術を定めたキャリアパス任用要件があります。
入職後、初級介護職員からスタートした方も年数を重ね、その年数にふさわしいと認められた場合、このキャリアパス要件に従いステップアップします。
また、異業種から介護をはじめ、リーダークラスや施設長として頑張っている女性職員が多数います。

キャリアステップ