介護老人保健施設みどりの苑

リニューアルポイント 各職種増員募集中


介護老人保健施設みどりの苑が
来年春、移転リニューアルオープンします。


新施設では、地域の方やご家族が集い、生活に楽しみを持つことができるような空間づくりをコンセプトとし、ご利用者様のプライバシーを配慮しながら、お一人おひとりへのきめ細やかなケアをご提供します。より、家庭に近い環境で提供される介護サービスと地域の方との交流で、ご利用者様が再び在宅や地域へ復帰する意欲を持つことができる、そんな施設づくりを
目指します。



qaimg

リニューアルポイント





やわらかな光の中で
くつろぎの時間を。

ご利用者様の生活スペースは、ほぼ南側に集約、暖かで明るい環境です。共有空間となるデイルームも南側にベランダを配し、開放的な空間となっています。
常に明るい光の中でゆったりとくつろぎの時間をお過ごしいただけます。

ご自分に合ったお部屋が選べます。

個室、2人部屋、4人部屋と複数の形態のお部屋をご用意。
2人部屋以上の多床室でもベッド間にパーテーションを設置する等、プライバシーに配慮した構造です。


自然ゆたかな
憩いのスペース

松風町は、近くを流れる苫小牧川に野生の白鳥が姿をあらわす市街地の中でも豊かな自然が残る地区です。
敷地内にはバリアフリーな庭園や畑を整備し、利用者様が気軽に自然と触れ合える環境を整えます。


多彩な集いの場

家族介護教室の他、地域交流スペース、娯楽室、喫茶・談話コーナー、テラス等多様多彩なスペースを設置。
国の指定基準となる最低限の構造の他に、地域や家族が気軽に集えるような場所、ご利用者様の趣味や生活に楽しみを持てるような空間づくりを行います。

お一人おひとりに
寄り添ったサポート

在宅復帰に向けて同一敷地内における多数の法人事業所がバックアップ。
移転後の敷地内に隣接する入所・在宅事業等と連携を行い、ご利用者様一人ひとりとそのご家族に合った施設紹介や在宅に向けた支援を行います。





qaimg

Q & A




Q1. 介護老人保健施設とはどのような施設ですか?

A. 入院等による病院での治療の必要はないけれども、体力や足腰の衰えから以前の様に自宅で生活を送ることに不安を感じているという方に対し、自宅に戻るためのリハビリテーションや看護・介護によるケアを行う施設です。
そのため、医師を始め看護師・理学療法士・作業療法士等医療職が手厚く配置されており、永く生活の場としてご利用いただける特別養護老人ホームとは性質が異なります。

Q2. どのような方が入所対象となりますか?

A. 要介護度が1〜5の方であって、病状が安定し特別な医療行為を必要としていない方が入所対象となります。

Q3. 入所中、かかりつけ医や専門医に受診することはできますか?

A. 基本的には病院を受診したり、薬を貰ったりすることは、法律上できません。
施設の医師が主治医となるため、施設においての診療を受ける事が基本となるためです。
ただし、施設医師の判断により受診が必要と認められた場合には、受診をお願いすることもあります。

Q4. 現在服用中の薬は継続できますか?

A. 入所後は施設医師による処方となりますので、現在、内服・使用されているお薬は、当施設のジェネリック薬、同種同効薬へ変更させて頂く場合がございます。

Q5. 外出・外泊をしたいのですが?

A. 可能です。
事前にご相談いただき、施設医師の許可のもと実施しています。
また、当施設がご本人の状態から外出等が困難と判断した場合は、お断りすることもありますので予めご了承ください。

Q6. 入所期間や退所後の方向性について不安があります。

A. 介護老人保健施設は中間施設のため入所期限があり、おおむね3ヶ月から6ヶ月を目安としています。
この入所期間に関しては、定期的に行う入所継続検討会議において、家庭の状況や、本人の状態等を総合的に判断し、継続的に入所が必要なのかを協議しております。
在宅復帰が可能となった場合には、施設の相談員を始めとする関係職員が、退所後の方向性をサポートいたします。
本施設にも、通所リハビリテーションやショートステイなど、在宅介護を支援するシステムが整っている他、法人の系列事業所において、ヘルパーサービスや相談支援サービス、デイサービスが利用できますので、様々なニーズにお応えできます。
又、諸々の事情で在宅での生活が難しい場合でも、法人内での特別養護老人ホームやグループホームを始め様々な形態の施設があり、対応が可能ですのでご安心ください。

Q7. 老人保健施設ではどのようなリハビリを行ってもらえますか?

A. 足・腰等の身体機能に重点をおいた歩行訓練、関節可動域訓練等の運動リハビリテーションや認知症への進行予防や抑制のための脳力トレーニング等という個別・生活リハビリテーションを理学療法士や作業療法士という専門職により行っていきます。
生活を送るうえで、ご本人が感じている課題や自宅復帰や施設入所等次のステップアップに向けての目標設定を確認し、それに合わせたリハビリプログラムをたてているのが特徴的です。




topimg

採用案内

みどりの苑ではリニューアルに伴い、一緒に働く仲間をお待ちしております。
人とふれあうことが好き。
誰かのために頑張れる。
そんなあなたを応援します。
※画像をクリックすると採用情報ページへ移動します※






topimg

施設の特徴




介護老人保健施設とは?



介護老人保健施設とは、看護、医学的管理のもとでの介護や機能訓練、その他必要な医療と
日常生活上のお世話などの介護保険サービスを提供する施設です。
ご利用者様の能力に応じた日常生活を営むことができるよう援助し、1日でも早く家庭での生活に
戻ることができるように支援することを目的としています。






提供できるサービス


みどりの苑では介護老人保健施設・短期入所療養介護・通所リハビリテーションの
3つのサービスをご提供します。



介護老人保健施設
介護老人保健施設

主に病院を退院後、在宅または特別養護老人ホームやグループホームなどで生活を開始する前に利用し、心と体の回復とご利用者様一人ひとりが退所後に生き生きとした生活を送れるように支援することを目的としています。みどりの苑では、認知症が主症状で介護が困難になった方に向けて認知症専門棟が併設されており、各専門職のスタッフによるケアを受けることが可能です。


短期入所療養介護

ご利用者様のご家族の身体的、精神的負担の軽減などの目的や、冠婚葬祭等何らかの理由で介護ができなくなった場合に、医療系の施設や当施設のような介護老人保健施設に短い期間の入所(ショートステイ)をすることのできる介護サービスです。

短期入所療養介護
通所リハビリテーション
通所リハビリテーション

通所リハビリテーション(デイケア)は、ご自宅より、みどりの苑まで通っていただき、通所リハビリテーション計画に従って理学療法や作業療法などのリハビリテーションを受ける介護サービスを指します。そのため通所リハビリは、通所介護とは異なり、リハビリがサービスの中心になります。






スタッフ体制


みどりの苑では様々な役割をもったスタッフが連携し、
皆様のサポートをさせていただきます。




医療系スタッフ

医師
医師
医療ケアや緊急対応はもちろんのこと、リハビリマネジメントでは、医学的な面からご本人及びご家族へのアドバイスを行っています。
看護職
看護職
医師の指示のもと、投薬管理や医療ケアを行うだけでなく、理学療法士・作業療法士と共に機能回復のサポートに向けて様々なケアを行います。

リハビリ系スタッフ

理学療法士
理学療法士(PT)
動作の専門家として、運動療法・物理療法・日常生活活動訓練などを通して、座る・立つなどの基本動作ができるように身体の基本的な機能回復をサポートします。
作業療法士
作業療法士(OT)
心と体の専門家として、ご利用者様の趣味・嗜好を考慮しながら身体活動や手先を使った活動などを通して、機能回復に加えて、精神面のサポートも行います。

ケアスタッフ

介護職
介護職
ご利用者様に必要な日常支援を行いながら、目標に向けて生活環境整備や働きかけを行っています。
リネン職員
リネン職員
ご利用者様やスタッフが快適に過ごせるよう洗濯や施設内の清掃業務等を行います。

調理スタッフ

栄養士
管理栄養士
ご利用者様の健康状態や嗜好などを考慮し、栄養バランスのとれた献立を作成し、管理します。
調理員
調理員
栄養士が作成した献立をもとに、ご利用者様に美味しいお食事をご提供します。

バックサポートスタッフ

生活相談員
支援相談員
ご利用者様の入退所の際の調整や施設の利用状況を管理します。また、ボランティア等の受け入れ・病院付き添いを通して医療機関との連携をはかります。
ケアマネージャー
ケアマネージャー
施設に入居される方のケアプランを作成し、生き生きと過ごしていただけるようによりよいプランを実行していきます。
事務員
事務員
専門職を支えるバックサポーター。気持ちよく働くことができる環境を整えます。



topimg

施設概要

■名称     介護老人保健施設みどりの苑

■開設     平成元年4月

■施設長    神島 裕

■TEL      0144-67-6820

■事業内容   介護老人保健施設・短期入所療養介護
        通所リハビリテーション

現施設ホームページはコチラ



運営方針
■施設サービスに基づき、看護、医学的管理のもとに看護及び機能訓練、その他必要な医療並びに日常生活の支援を行います。

■ご利用者様の意志及び人格を尊重し、常にご利用者様の立場に立って明るく家庭的な雰囲気を目指しています。

■地域や家族との結び付きを重視し、家庭復帰の実現に向けて、運営の向上に努めると共に各種介護サービス事業者との密接な連携により、家庭での介護環境の向上にお手伝いをいたします。